《高校生》モノトーン動物王国

高校生たちの最近の様子です。
なんかみんなモノトーンで動物描いてる。。。


子猫の画像をモチーフに鉛筆で描写しています。顔かわいく描けてるじゃないですか〜
丹念に調子をつくって、毛並みのモフモフ感まで表現したいですね。


こちらはキジの剥製を観察しながら、有色紙にペンで描いていきます。まずは鉛筆で下描き。重心や動きを意識しながらキジの自然なフォルムを探ります。


首の動きが難しいですが、よく捉えられてます!空間感も出てきました。ボリューム感を崩さないよう羽の模様など細部の描写をして
いきたいところ。

凛々しい顔が目を引きます。
グレートーンの紙なので、ある程度進んだらホワイトで明部を描きましょう。


リスはほぼ完成!イイね〜。
描ききった!という充実感。見応えある作品になりましたね。
背景のピンボケ感がもうひと息描写できるとさらに主題が際立つと思います。


絵画教室【ATAGO ART Lab./あたごラボ】公式サイト

社会人から小学生まで、趣味・習い事・受験対策に! 上尾〜桶川の絵画教室です。

0コメント

  • 1000 / 1000