鉛筆デッサン/学生〈8〉

美術系高校の実技入試に向けた、中学生の基礎デッサンです。
卓上での静物デッサンがメインです。様々なモチーフを組み合わせ反復練習します。
適切な構図やパース、陰影による立体感の表現や個々の質感の描き分け…等々、モノの見方の基礎を身につけていきます。

実技試験のデッサンでは、制作時間を意識することも必要になります。描き出しから仕上げまでのプロセスをうまく配分しつつ進めていきます。
この、実技試験の「体感」は筋トレのようなもので、継続的にやっていないと時間内で上手にまとめる勘が鈍ってしまうのです。
“継続は力”ですね…デッサンも、私のお腹も。


絵画教室【ATAGO ART Lab./あたごラボ】公式サイト

社会人から小学生まで、趣味・習い事・受験対策に! 上尾〜桶川の絵画教室です。

0コメント

  • 1000 / 1000