鉛筆デッサン/社会人〈6〉

石膏像を描きます。普段は鉛筆でデッサンをしていますが、今回はボールペンを使用してのクロッキーです。
当然のことながら、ボールペンの線は消せません。大きく間違うとやり直しがきかないという難しさがある反面、形態や調子の捉え方に緊張感が生まれます。
メリハリがあり、非常によく印象を捉えていますね!活き活きとした線が、描く楽しさを感じさせてくれます。

絵画教室【ATAGO ART Lab./あたごラボ】公式サイト

社会人から小学生まで、趣味・習い事・受験対策に! 上尾〜桶川の絵画教室です。

0コメント

  • 1000 / 1000